中城 昇 作
各画像をクリックすると拡大画像になります
=拡大画像をクリックすると、この画像に戻ります=
 
 
精進湖から望む富士山:氷上に水が
張り逆さ富士が現れた瞬間を釣る
風景を描きました。
 
大仏殿中門:中門の塀がライトで
緑に輝き水面に映える荘厳な様子を
描きました。
 
若草山の山焼き:合図の花火と山焼きと
ライトに浮かぶ五重の塔を描き、
額縁に花火の照返しを描き加えました。
 
夜の大阪城公園:大ツリーと観光船の
ライトが水面に映える様子を古今の
イメージで描きました。
 

戸田港からの富士: 紅葉の戸田港より
望む、赤焼けの富士と空を描きました。
 
又兵衛桜:朧月夜をあしらい、昼の桜を
夜の桜に描き替え、幻想的な夜桜を
描きました。
  
兼六園:ライトに照らされた「雪つり」の色の
美しさに魅せられ絵にしました。
 
安曇野の澄水にゆれる緑藻と水車からの
流れ落ちるしぶきなど 「新緑」をイメージして
えがきました。
 
古都奈良の朱雀門の広場が朝日に
染まる情景を額縁と一体にして描きました。

秋の白川郷の早朝に発生する瓦葺屋根から
立ち昇る朝霧の幽玄な感じを表現しょうようと
しました 


リッチモンド公園(英国):公園の森の大樹と
、やすらぐアカシカに差し込む秋のやさしい光に
感動し描きました
 

教室作品検索へ      トップページへ戻る